京大生が教える難関大学への道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京大生が教える難関大学への道

勉強法からおすすめ参考書・問題集を紹介

京大受験「物理」で高得点取るためのおすすめ問題集

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

 

京大物理対策として鉄板中の鉄板と言われる問題集があるので紹介。

 

新体系物理

まず一言、これだけやっていて完璧にすれば京大物理は大丈夫である。

そう言えるほどの名著であるのは間違いない。

 

良い点

本質的な問題しかなく、煩雑な計算は一切なしです。

問題はかなりシンプルな短問が並んでいる。

 

 

数学の場合、公式は「論理」と「定義」から導き出される。
しかし、物理の場合、公式は「事象」から導きだされる。

したがって、物理を学習する場合に、公式のもつ意味を数学的に論理から理解しようとアプローチしていると、理解が深まらず、壁にぶつかるときがくる。

この「新体系物理」は、問題自体は一見して平易・シンプルに見えるものの、解くために前提となる事象と公式の関係性を正確に理解させる仕組みになっている。

そのため、京都大学の入試問題の形式にぴったりである。

 

つまり、原理導出問題が他の問題集に比べて圧倒的に多い。

トップ層の多くの中高一貫校はこれを指定問題集として使っています。(後述)

 

 

私が高校時代に愛用していた本です。


悪い点

解説があまりないため、独学だとどうしても厳しい場面が出て来る。

 

しかし、この点を周りに聞くとこれが逆にいいそうだ。

解説がないため、自分で調べる⇒何とかして解く

ということが染み付くため、時間はかかるが実力がつく。

 

と言われて、ハッとした覚えがある。

 

デメリットかと思った部分が良いそうだ。

 


別冊解答にはそれなりに説明もあり不親切だとは思わないが、どうして

そうなるのか理解できないのも正直あり、教えを乞うべき物理好きの同

級生が一人二人要りそうではある。

 アマゾンレビューでもこのように書いてあったが、得意でなければ助けあう友人も必要になるかもしれない。僕の環境では、教え合う友人がいたので助かったし、とても勉強になった。

 

教え合うことはまじでおすすめやで。

 

 

さて、京大志望以外だと、この他の問題集もすべし。

というのも、原理から理解するタイプであり、京大の問題構成にはぴったりなのだが、

模試や他大学入試問題の形式とは異なる。

そのため、他の問題集(難問題の系統とその解き方or名門の森がおすすめ)で経験値を積むほうがいいだろう、

 

というわけで、最初は厳しいがやりこめばやりこむほど味が染み込んでくる問題集には間違いない。

 

僕の高校(京大の合格ランキングで上位)、京大ランキングトップ3の高校の友人たちもこれをやりこめば合格する!と豪語していたので心配ない。

 

僕は手出したがりなので、これ以外にもしていましたが、この本は4周以上はしたと思います。

 

多い人だと10周以上したとか言っていたので、京大志望ならこの本をやり込みましょう。

 

ぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ

おすすめ

通信教育はやはりZ会が最も力がつくと思います。

問題のレベルと添削が秀逸。

Z会の通信教育 資料請求

スタディサプリもおすすめ。

圧倒的なコスパの良さを誇る。

月1000円ほどで有名講師の授業を聴き放題なのは素晴らしい。

独学の助けになるだろう。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。