京大生が教える難関大学への道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京大生が教える難関大学への道

勉強法からおすすめ参考書・問題集を紹介

数学の勉強法について[基礎編・苦手な人向け]

広告

数学は受験科目である限り最も合格を左右する科目と言って過言ではないだろう。

 

そんな数学の勉強法をきちんと理解していかなければならない。

 

間違った勉強法ではいくら勉強しても伸びないし、勉強がいやになる。

 

そこできちんと勉強法をおさえてから、しっかりと頭に叩き込んでいこう。

 

何回も言うが、基本的に勉強に抜け道はない。「王道こそ最短ルート」である。

 

そして難しいと思うことが多いとは思うが、「困難は分割せよ」という言葉を信じがんばろう。

 

では勉強法に入ろう

 

数学の勉強法

 

 まずは計算練習をしてほしい。

というのもこれが基礎能力として後々響く。

 

計算スピードと計算の正確さが数学のできるできないにかかわることが多いと私の高校の受験の神と呼ばれた先生が言っていた。

 

最近では公文式を習っていた人が東大には多いとう記事がエントリーしていたが、これが当てはまるのだろう。

 

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?

 

小さい頃から、そろばんも習い、100マス計算を何回やったかわからないほど計算はしてきた。その成果でもあるだろう。ちなみに私も一時期公文式には行ってました。

 

まずは、数字に慣れよう。

 

授業にて

 

予習➡授業➡復習

 

のサイクルが完璧であるのは間違いないが、おそらくほとんどの人がこんなに律儀にやっていないだろう。

 

よって数学においては最低限

授業➡復習のサイクルだけはやってほしい。

 

 

授業の受け方としては、できるだけ「理解」に打ち込む。

余裕がある場合は、問題集・ワークを同時にするとよい。

 

覚えると言ったら良くないかもしれないが、まずは解き方を覚えていくようにしよう。

 

基礎編であるとかは関係なく、まず解き方を覚えないと数学は解けない。

 

「あー、こう聞かれたらこうしたらいいねんな」

「これは見たことあるやつや、途中までならできるぞ」

 

などと、少しずつできるところから攻めていこう。

 

復習

絶対に守って欲しいことがある。

 

それは復習は「その日にやれ!」ということである。

 

人間うまいことできていて、その日にやらなければ「まあいいや」と後回し、後回しになっていくことは確実である。

 

だから絶対に今日やると誓って欲しい。

 

勉強なんて、どうせなら楽に、効率的にやったほうがいい。遊ぶほうが楽しいでしょ?

 

だからこそ、その日に青チャートでも学校のワークでもいいので習った範囲を解いてみよう。

 

もし授業で理解できていないなら、教科書でも青チャートでもいいので、読むことから始める。

 

それでも難しいときは頭の中が「むにゃむにゃ」となるが、とりあえず解説を見ながら手を動かして解いてみよう。糸口が見つかるかもしれない。

 

まずはこのサイクルを作っていくことから始めよう。

 

以上基礎編はこれまでだ。

 

なんだ、これくらい誰でもやってるでしょ。と思う人がいるかもしれないが、きちんとやっている人は意外と少ない。

 

習慣を作っていこう。

 

青チャートは1,2年生で持っていないのなら揃えていて損はないぞ。

 

おすすめ

通信教育はやはりZ会

Z会の通信教育 資料請求

スタディサプリもおすすめ。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。