京大生が教える難関大学への道

勉強法からおすすめ参考書・問題集を紹介

【京大受験】化学でおすすめの参考書・問題集

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

 

今回は京大化学対策です。

 

京大化学は4つの大問に分かれており、基本的に大問1,2は理論から、大問3,4は有機から出題されるということが多いのであります。

 

こういうところはもちろん、自分で調べて分かっているとは思いますが、

この出題割合からもわかるように有機を制することが京大化学を制するといっても過言ではありません。

 

また、大問2は京大が大好きな平衡問題が出題される可能性が高いことから、他大学よりも比較的対策はしやすいと思われます。

 

有機は慣れたらパズルみたいであんまり難しくないので身構えずがんばりましょう。

 

僕でも京大化学でほとんど満点を取れました。

 

周囲を見渡しても、有名高校の生徒はほとんど全員持っていた化学の問題集を紹介したいと思います。

 

化学の新研究

受験業界においてこの卜部さんが書いた本は最強です。

 

化学を受験に使うにあたって辞書のように使うのがこの参考書です。

公立高校では、あまり持っている人は見かけませんでしたが、超有名中高一貫校の連中は全員持っていましたね。

 

学校で買わされているのかね。

 

まあ、難関大学を受ける人は持っておいて損はない。

特に、京大東大を受ける人は必携だ。

 

使い方は人それぞれだと思うが、この次に紹介する新演習や、その他の問題集でわからないことがあったときに、解説・解答を見るよりも先にこの本で確認するのが良い。

 

もちろん、少し時間はかかるが、理解度・定着度は比較ならないほどよくなる。

これは個人的に実証済み。(受験結果にも現れた)

 

化学の新演習

 

こちらも卜部さん著の超有名問題集。

 

これは京大を受験する人だけではなく、難関大学を受ける人にはぜひやってもらいたい問題集である。

 

化学の市販問題集の中で、トップレベルの難易度と解説の豊富さに定評がある。

 

この問題集を完璧にできたらほとんどの大学に通用する力があるだろう。

この後は過去問で頑張ってほしい。

 

この問題集も特に京大受験生にやってもらいたのだが、

その理由が、平衡問題で京大レベルの問題が収録されている、またよく出るパターンも網羅されているということだ。

 

問題集を探してみればわかるが、平衡問題って意外と問題集の中にないんですよね。

ちょっとしかないことが多いのでこの問題集は貴重だ。

 

ぜひ、この2冊で完璧に仕上げてほしい。

 

 

ぽちっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ

おすすめ

通信教育はやはりZ会が最も力がつくと思います。

問題のレベルと添削が秀逸。

Z会の通信教育 資料請求

スタディサプリもおすすめ。

圧倒的なコスパの良さを誇る。

月1000円ほどで有名講師の授業を聴き放題なのは素晴らしい。

独学の助けになるだろう。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。